VISION STREET WEAR

カリフォルニア州、オレンジカウンティ発の
スケートボードブランド。
80年代にスケートボード×音楽カルチャーを
ミックスさせ独自のスタイルを築き上げたストリートウェア

HISTORY

1976年、スケートボーディングが単なる子供の遊具ではなく、スポーツとして認知され、それがカルチャーとして永遠に形成されるターニングポイントを迎えていた。
革新的なウレタン製のホイールが開発され、初の屋外スケートパークがフロリダに開設された時期に、Alan Gelfandが最初のオーリーをお披露目してVISION STREET WEARが誕生した。

出だしからVISIONがちょっと変わっていたことは明らかだった。VISIONチームは当時のもっとも革新的なライダーで、むしろうんざりするようなやっかいな連中を選んだが、その中にはMark Gonazalez, Lance Mountain, Tas Pappas, Duane Peters, Mark “Gator” Rogowskiといったビッグネームが含まれていた。

さらにVISIONは、今でこそ当たり前となった、音楽とスケート・カルチャーの自然な結びつきを理解した最初のブランドであった。VISIONは数々の音楽とスケートのイベントを催し、その中でもTony Hawk, Christian Hosoiといったトップライダー達、
そしてあのRed Hot Chili Peppersが出演したVISION SKATE ESCAPEは革新的なイベントとして今でも伝説となっている。

そして最も重要なことは、VISIONがデッキ、シューズ、Tシャツに大胆なデザインやグラフィックを使うことでストリート・スタイルを再定義したことである。
THE PSYCHO STICK, AGGRESSOR, GATOR PRO MODELはスケート業界の歴史を通じて最も愛され、尊重された革新的デザインのシンボルである。

30年以上前に歩み始めて以来、VISIONはスケートとストリート・カルチャーの創造的で独自性を重視したブランドとして、その存在をアピールしつづけている。

COLLECTION

2017 Autumn & Winter
ワッペンスタジャン / プリントロゴMA-1 スプラッシュBIGパーカー / プリントコーチジャケット